山の音

こんにちは。

今年ももうわずかとなりましたが、皆さま慌ただしい年末でしょうか?、それとももうゆっくりと過ごしてらっしゃるでしょうか。

私は帰省中、新幹線に揺られながらこれを書いています。

山の音、とは文豪、川端康成の小説です。

文学好きの方ならご存知と思いますが、本を読むのがそれほど得意ではない私は、自分の店を開業するまで知りませんでした。

山音という店名にもかかわらず。

それを知るきっかけは、とある外人さんでした。

長く日本に住む方で、自転車をきっかけに時々出会うようになりました。

私などよりずっと日本に詳しい、紳士さんです。

あるイベント会場でウチのブースに立ち寄られた際に、

「山音とは『山の音』からとったのですか?」

と尋ねられました。

その時は?でしたが。

すぐに文庫本を購入し、一章の山の音はすぐに読んだものの、その続きを今になってようやく読んでいるところです。

飽きっぽいのか、集中力がないのか、

小さい頃から落ち着きがない子供だったので、今回も読み切れるかわかりませんが、時折現れる自然の描写や、人間クササを楽しんでいます。

関ヶ原は例によって雪。

この寒波で結構積もっています。

皆さま良いお正月をお迎えください。

山音製輪所は6日から営業いたします。

2+
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です