ランドナーって、、

みなさんこんにちは
サイクリングにはもってこいの気候ですが、
みなさん楽しんでおられるでしょうか?

空前のロードレーサーブームも少し落ち着き、
グラベルロードに移行したり、
はたまたバイクパッキングが流行ったり。
手持ちのロードレーサーを手軽に改造できる、アップデートできる。
楽しい!便利!クール!
良いことだと思います。
ロードでレースを続ける人は、それはそれ。
「自分はレースじゃなかった!」と気づいた人が、
そういったアウトドア方向へシフトしていったということでしょう。
当たり前といえば当たり前。
みんながみんな、スピード!タイム!なんてわけがないです。
冷静に自分の趣味を見直した結果です。
「何キロ走った?」「月間積算距離?」「最高速何キロ?」
トレーニングの見える化もよいですが、
もっと目に見える景色があるはずです。

ただ まだまだランドナーを選択する人が少ない気がします。
先日ある方とお話ししていて、こう言われました。

「ランドナーって乗らない人が乗るもんなんでしょ?、。」

正直、ショックでした。
それなりに自転車歴もあり、知識もある方でした。
よく言われる、「床の間自転車」
床の間に飾るだけで、乗らない自転車。
ランドナーって未だにそういうものだと思われてるんだな、と
あたらめて感じました。

1、ランドナーは床の間自転車か?
違います。
そういった趣味の方もいますが、
バンバン乗っている人も多数です。
趣味、趣向の違い、その人次第です。

2、「でもランドナーに乗ってる人を見かけないんだけど?」
ランドナーに乗る人は、あまり群れません。
主に一人や数名で走り、人里離れた場所を好みます。
よくある観光地にはあまりいません。
インスタ映えにさほど興味がありません。
ロードの様に隊列を組んで走る、なんてことはまずありません。
派手なジャージを着ません。
それゆえ、目立たないだけです。

3、ランドナーは「のんびりとしか」走れないか?
そんなことはないです。
設計次第で、ロードのような乗り味にもできます。
ただ、家路を急ぐことはあっても、
早く走ることに興味がない、
もっと他のことに意識が向いているだけです。

4、ランドナーは年寄りの乗り物か?
「ランドナーはまだ早い」と若い方が言いますが、
じゃあ、いつ乗るの?(笑)

5、雨降ったら乗らないから、泥除けはいらない。
雨の日はランドナーであっても乗りたくないです。
ただ、
雨上がりの水たまり、
泥だらけの農道、
ちょっとしたことを気にしないですみます。
その差は意外と大きいです。
泥除けがあれば、バッグも汚れません。
フロントバッグがあれば、
一眼レフカメラをさっと取り出せます。
おにぎりをさっと頬張れます。
リュックを背負って、背中が蒸れることもないです。

ランドナーって、
難しそうだし、
探してもなかなかないし、
ロードと違って、メーカー車も少ないし、、
ちょっと値段も高いし、
オーダーはさらに高いし、
なかなか手を出しづらいかもしれませんが、

興味があるなら、
ぜひ専門店を訪ねてください。
安易にネットなどで購入するのだけはやめてください。
全国各地に、数は少ないですが、良い専門店があります。
埼玉の東叡社、京都のグランボア、新宿ベロクラフト、浅草オオマエジムショ、
他にもたくさんあります。もちろん山音製輪所も。

ではでは

Share

ランドナーって、、」への18件のフィードバック

  1. 社会不適合オヤジ

    はじめまして
    皆様のとても興味深いご意見を拝読して、コメントを書かずには居られなくなりました(笑)
    私もランドナー愛好者の末席を汚す一人です。出会ったのはもう45年ほど前ですね。
    マスプロ車で自転車の遠乗り(古い!)をしていて、近所のお店でサンノーのランドナーに一目惚れ。高校入学とともに親に借金をして購入しました。
    先日再生してポタリング車へとリメイクして今も通勤やお買い物のお供をしてくれています。

    八王子が実家だったもので、16歳から40歳過ぎまで西多摩、奥多摩、裏丹沢、秩父南部などなど這いずり回っておりました。LPのルーフキャリアが販売されたことを知ったときには先輩と共同購入して、一挙に行動範囲が拡大しました。
    長野、岐阜、新潟など思い起こすだけでも目眩がしそうなツーリングでした。今ならば熱中症だと言われてもおかしくないほど非常識な走り方もやりました。
    上高地へ抜ける釜トンネルを4人で乗ったり押したりしながら抜けたのは、もう40年近く前のことでした。
    乗鞍スカイラインが一般車通行禁止になる前に何度も出向いて、畳平の駐車場から梓湖方面へ思い切りダウンヒルのみ楽しんだのも700Cのランドナーでした。乗鞍ヒルクライムなど始まるずっと前のことでした。

    爺の思い出話だとご笑覧くださいませ。
    でも今でも650×32Bのランドナーと、快走ランドナーと称して組んだ700×25Cの2台は現役です。
    若い頃のような無茶な走り方はできなくなりましたし、海抜高度を一気に稼ぐような登坂もできなくなりましたが、ランドナーでのツーリングの面白さは色褪せていません。
    最近手持ちの自転車をフルメンテし終えたばかりですが、床の間自転車っぽい時間も増えてきたことは事実です。それもまた自転車の愛し方かなと、自分を慰める今日このごろ(笑)
    いつかは誰かに引き取ってもらって、私以上に愛してくれるオーナーを見つけなくてはならない日が来るのでしょうね。
    それまでずっと愛してあげたい自転車たちです。

    ※自転車ブログではありませんが、手持ちの自転車のメンテナンスなど記載してあります。
    ご興味あれば、是非お目通しを。
    https://ameblo.jp/alfa1900colli/

    返信
    1. yamaoto 投稿作成者

      社会不適合オヤジ、様

      コメントありがとうございます。
      遠慮なく書き込んでください。

      みなさんのお話、体験談を色々と聞くことができ、
      楽しませていただいています。
      昔の話を聞くたびに、その頃に戻ってみたくなります。
      今ではできないこと、行けないところもたくさんあったのだろうなと、
      羨ましく思います。
      ただ、「昔はよかった」というだけではしょうがないですし、
      今だからできる事を探して、今の機材を使って、
      新しい遊びへ昇華していくべきだとも考えています。
      なかなか簡単ではないですが。
      古い自転車、大事になさってください。
      床の間だろうが、なんだろうが、やりたいようにやるのが一番です。
      人の趣味にケチをつけるのは一番いただけないです。

      このブログを書いた時は、
      「もっとランドナーを広めたい、誤解を解きたい」という気持ちが先行していましたが、
      色々な意見を聞いていると、
      やはり、出る杭は打たれる、ということもあるので、
      認知度が上がる、流行ればいい、というのは違うなと思いました。
      そもそもランドナーという言葉ももう必要ないのかと思います。
      ロードやランドナー、MTB
      売りやすいようにいろいろとジャンル分けしていますが、
      必要なのは目的だけで、使う部品や設計が少し違うだけです。

      今後ツーリング車がどうなっていくか。
      必要なければなくなっていくでしょうし、
      必要なら何もせずともなくならないでしょう。
      新しい事も考えつつ、
      自分のできることを続けていきたいと思います。

      ブログ、少し拝見しました。
      いろんなことをやられているようで、楽しげです。
      また時々見させていただきます。
      ありがとうございます。

      返信
  2. 「お前さぁ」に憧れて

    1. ランドナーは床の間に置くには大きすぎて、若い頃はお母さんにメチャクチャ怒られました。床の間に足を乗せただけでも「足が曲がるぞ」と言われた世代です。
     今そんな事をしたらランドナーは配偶者に処分され、私は後日緑色の印字の紙に捺印を迫られます。 
    2. そりゃそうでしょ。ローディーの方々はパワーメーターだかサイコンだかを見ていて雲の流れや川辺の鳥たち、風に捲り上がる◯△のスカートさえ見えてないんですから。でもランドナー乗りにはランドナーがよく見えています。
    「おおっ、前から来るのはT社のだ。うげぇ、鳥居の横に立て掛けてあったのは◯ンジェだ。今通りすぎた自転車屋店の中にクロモリジュネス飾ってあった!」
    3. 42Bに7キロぐらい空気を入れてフロントキャリアにサイドバッグでキャンプ道具を詰め込めば、高速走行仕様の完成です。タイヤノイズも高らかにカーボンロードを追いかけましょう。ただ、スピードはすぐには上がりません。そして上がったスピードはドライバーやクリテやライドなどでは容易に落ちず、あげた空気圧でタイヤはボヨンボヨン弾むスリル付き。
    3. のオマケ 白銀林道で猿におにぎり奪われたことがありました。子雉撃ちから戻ってみれば、お猿がフロントバッグに手を突っ込んでいたので、ここは腕に覚えの豪速球、林道一面に敷いてある石ころから手頃なやつを一つ。キッとも言わず逃げたのでまあ良しと走りはじめたら背後から気配。お猿が追いかけて来た。湯河原から早川まであっという間の逃亡劇でクレメン白タイヤはぼろぼろとなりましたが、このときほど早く走れたことはありません。
    4.昔はロードに乗っていると
    「お前、ケイリンか?何期だ?稼いでんだろ?飯おごれ」
    とか、見知らぬ方に絡まれたものです。たまにロードに乗っていると、知り合いの『ランドな』方々からは
    「腰抜けだ。堕落だ。サタンだ。自転車辞めろ。ジジイか。」
    と言われました。かつては高級舶来ロードを所有するのはサイクリストの『上がり』のように言われたもの
    です。
    5. 取り付けが難しい上壊れやすい泥除けがピカピカに磨かれピシャッと付いている事こそが高級車の証しでしょ。寿司屋だって高級店ほどピカピカしてるネタは美味いじゃないですか。トロやイクラも好きですけれど。
    これらはほぼ創作としてお読みください。お怒りの方には心よりお詫び申し上げます。

    返信
    1. yamaoto 投稿作成者

      お前さぁ、さん
      的確な追記ありがとうございます。
      みなさんにこういうエピソードを書いてもらったら、
      一冊本になりそう。

      返信
  3. 増本豊三

     尾坂さん!よくぞ「主張」してくださいました。この、議論が沸き起こる感じがサイコーですね。せっかくなので私も仲間に入れさせていただきます。
     山音製輪所に伺うたびに自転車の奥深さに触れ、楽しい思いにさせていただいています。車やモーターバイクに比べ、圧倒的に安価にその世界に浸ることができる自転車の世界は、私をサイコーに楽しませてくれています。自分の選択しだいでキャンプに行けたり、登山道を走れたり、時速60キロの世界を体感できたり、そして通勤にも使えて、いじって楽しくさらに眺めて楽しい。おまけに語り合って楽しい。ここまでのめりこむことができたのは私には初めてです。
     昨年の卒業生にサッカー部の男の子がいたのですが、「気が付くとサッカーシューズをうっとりと眺めている」といって母親から叱り飛ばされていました。気持ちはよく分かります。私も、もう走れないなと自覚させられる時が来たら、部屋に飾って眺めたり磨いたりして時を過ごすかもしれません。
     たしかに、「なんであんな同じユニフォームを着て隊列組んで走らにゃならんのだ」とか「部屋に飾るだけなんて意味ないではないか。ペダルを踏んでなんぼでしょ」と思うこともありましたが、今は「みなさんがそれぞれの楽しみ方をしているのだ」と感じています。
     山音製輪所がこの奥深い自転車文化の発信基地になるとよいですね。私も微力ながらお力になれればと思わずにいられません。そのためにも、もっと鍛えて、厚木を走り込まなければなりませんな。
     長々と失礼しました。また顔を出します。

    返信
    1. yamaoto 投稿作成者

      増本様
      いつもありがとうございます。
      たまにはこういうことも言ってみるものですね。
      こんなにコメントをいただけるとは思っていませんでした。

      みんな主義主張、趣味趣向、いろいろあると思いますが、
      どんどん変わっていけばいいんですよね。
      どんどん心変わりしていけばいい。
      それでもやっぱり変わらないところはあると思うんです。
      私は、
      やっぱりお店をやっているから、というのもあるんですが、
      けっこうなんでも受け入れるほうです。
      人の趣味にああだこうだ言うのは好きではないです。
      「たかが趣味」ですから。なんだっていいでしょって。
      みんなそれぞれ苦労して生きているのに、
      趣味にまでケチつけられたら、シンドイだろうなと。
      だからといって、それが一番いいとは思わないんです。
      そうじゃない人もいるから、こうやっていろいろ議論もできるわけで、
      みんな同じじゃつまらないし、気持ち悪いですから。

      サッカーでもそんなことがあるんですね。
      おもしろい。

      これからも、ときどき主張させていただきます。
      また仲良くケンカしてやってください。

      返信
  4. east_bred

    折角ランドナーを広めたいと言うお考えの処に水を差すような事を書いて仕舞いますが、出来たらランドナーが最近のロードや以前のMTBの様にブームになっては欲しくないと思っております爺です。

    何故ならMTBの異常なブームの時の様に、殆どルールもわきまえない方々が我も我もと山で登山者を蹴散らすように山へ入って行ったお蔭で、「MTBは危険・・・」とか、「自然を荒らす・・・」と言われ、ルールを守って山へ行って居た自然やMTB好きの方々は「MTB乗りは全員同じ」と見られて「山へはMTBの乗り入れ禁止」と言う措置に遭い本当に迷惑したんです。

    それが今度は今のロード乗りの方々が殆どランドナーがブームになったと言ってランドナーに乗り換えられた時の事を考えるとゾーっとして仕舞います。
    今は確かにランドナーに乗られている方は少ないとは思いますが、だからこそマナーをわきまえている方々が静かに楽しめているのも事実なのでは無いでしょうか?。

    それでなくても伝統あるランドナー主体のクラブだった何処かのクラブの様に、常識の無いクロスバイクしか乗れない様な呑兵衛クラブ員増加のお蔭で伝統あるクラブを台無しにされた例も有りますし・・・。

    勝手な意見でゴメンナサイ。

    (お気に触られましたら削除して頂いても結構ですので)

    返信
    1. yamaoto 投稿作成者

      east_bred様

      なるほど、そこまでは考えが及びませんでした。
      たしかにそうですね。
      それは困ります。
      こっそりやってるほうが幸せという事はあります。
      皆さんがあまり情報を出さなかったりするのは、荒らされたくないからなんですね。
      釣りとか山菜狩りとか、似てる気がします。

      仕事にしていると、つい、
      人口が増える
      =情報や使いやすい部品が作られる
      =良い自転車を提供できる。
      と考えてしまいました。
      いかんですね。

      ほどほどにしましょう。
      ランドナー普及。
      何事もほどほどが一番です。

      返信
  5. INTER8

    はじめまして、INTER8と申します。
    自分が好きなことに否定的な意見を言われると心に刺さりますね。心中お察しします。
    昨今のサイクリング雑誌ではランドナーを含むツーリング車が取り上げられることが少なくなりましたので、他の車種好きの人が偏った意見を持ってしまうのは仕方がないことかもしれません。

    ロードのあれやこれや、ランドナーのあれやこれ、それぞれのスタイルや機能の優位性を語ることは良く聞きます。
    しかし、理解は示しても他方への興味が行かないのは、好きか、嫌いか、ということだと思います。
    「僕はこのスタイルが好き」。で全てが通じます。それ以上の理屈は後付けだと思います。

    「ランドナーって乗らない人が乗るもんなんでしょ?、。」
    もやもやはあるでしょうけれど、そう思われても仕方ないのが現実です。
    走るランドナー乗りと、走らない(年齢的に走れなくなった)ランドナー乗り、印象としては後者が多いと思われています。

    良く乗る(走る)人を説得するには、同じように良く乗る(走る)しかありません。
    距離が少ない分はサイクリングの内容でカバーすればいいでしょう。ただし、ポタリングだけっていうのは無しです。

    返信
    1. yamaoto 投稿作成者

      INTER8様
      コメントありがとうございます。
      そうですね。ちょっと心に刺さりました。
      これだけロードに乗っていて、経験豊富な方が、
      ランドナーに乗ったことがなくて、
      人やネットで聞いた話で「乗らないもの」と思っている。
      ちょっともったいないな、と思いました。
      同時に、もっと伝えていかないと、とも。
      「このスタイルが好き」というのはもっともです。
      好き嫌いで決まるものですし、それでいいと思います。
      私も嫌いなものはやっぱり嫌いですから。(笑)
      そういう意味では、
      正直、床の間自転車、ぜんぜん悪くないと思うんです。
      自分のお金で、誰にも迷惑をかけない。
      それで、その人のストレスを解消したり、
      人生にすごく役に立っていると思えば、
      十分によい趣味だと思うんです。
      床の間に置いても邪魔にならないほど綺麗だってことですから。
      1/3くらいは役割を果たしてくれたかな、と思います。

      あとの部分はやはり乗って伝えるしかないですね。
      昔はあれだけ乗っている人がいたんですから、
      ロードやMTBと同じだけランドナーがあってもおかしくないです。
      そうなれば出版業界もパーツ業界ももっと多様になるでしょう。

      アドバイスありがとうございます。

      返信
  6. koro156

    正しく、我が意を得たりです!
    自転車雑誌は、早く走る、楽に走る、最新のカーボンフレームetc、紋切り型の記事の繰り返しばかり。
    もっと、いろいろな自転車との接点があるのになぁって思います。
    日本の自転車も文化として根強いて欲しいです。
    それは、電車などの輪行(厳し過ぎる!)であったり、道路改良(自転車専用道路)であったり、もっとすそ野が広がらないと難しいと思いました。

    返信
    1. yamaoto 投稿作成者

      koro様
      コメントありがとうございます。
      雑誌業界は大変そうですね。
      ちょっと前までは10や20はあった自転車雑誌も、
      今は隅っこの方ですもんね。
      ほんとに良い雑誌もあったんですが、。
      出版業界はおそらく今が一番厳しい時だと思いますが、
      だからこそ変われるチャンスだと思います。
      環境整備はまだ始まったばかりですね。
      最近とあるメールマガジンを読む様になりました。
      これを見ていると、自転車の環境もかなり変わってきたなと、
      楽しくなってきます。
      よろしければぜひ。
      http://bicycle-news.blogspot.jp

      返信
  7. アキフサ シンイチ

    ランドナーも、レーサーもMTBもシクロクロス車も全部乗っています。旅には、ランドナーが最適で、何より踏み味が気持ち良いです。

    ランドナーでも、レーサーでも自分の脚質や乗り方に合ったものと、そうでないものがあるだけだと思います。自分に合った自転車、タイヤの選択だけでもかなり乗り味が変わりますので、皆さん自分で試行錯誤されると良いと思います。

    返信
    1. yamaoto 投稿作成者

      アキフサ様
      アキフサさんほどいろいろ乗られて、研究熱心な方もなかなかいないと思いますよ。(笑)
      ほんとですね。結局は自分で納得いくまで色々試してみるしかないです。
      最近うちに来る中高生や大学生を見ていると、
      もっと純粋に自転車を見ていて、
      これからが楽しみになってきます。

      返信
  8. 沖本信之

    私は昔も今も40年くらいランドナーに乗っています。

    34年前は道志みちも一部未舗装でした。富士山も山頂まで担いで登りました。
    当時と比べると未舗装路は少なくなりましたが、ここ数年で田代山林道、大弛峠の長野県側、中津川林道などの未舗装路を走りました。
    自転車通勤に使っていた時期もあるし、ブルベもこなせるし、荷物を積んで数日の泊まりがけツーリングも楽しめます。

    ロードもいいですが、ランドナーでのんびりと旅の情緒を味わうのもいいと思います。

    返信
    1. yamaoto 投稿作成者

      沖本様
      変わらず精力的に走ってらっしゃいますね。
      昔の丹沢はもっと秘境感があったのでしょうね。
      古いランドナーをプロムナードにして使う人もいますね。
      もちろんロードもランドナーも、どっちがどっちということはないです。
      みんな、もっと頭を柔らかくして、
      なんでも受け入れるようになればよいと思います。

      返信
  9. 鈴木 仁

    30年近く前にランドナーを作ったことがあります。ヤビツ峠越えをしたかったのですが、当時の裏ヤビツはほとんど舗装されていなかったので、ロードでは無理でした。裏ヤビツが全区間舗装され、その役目を終えたので解体しましたが、懐かしい思い出です。

    返信
    1. yamaoto 投稿作成者

      鈴木様
      コメントありがとうございます。
      昔のヤビツの話はいろいろな人から聞いて、
      いつもうらやましく思っています。
      私は残念ながら今の姿しか知りませんが、
      それでも、裏ヤビツは気持ちの良い道です。
      裏ヤビツから丹沢山へ登るのが私のお気に入りです。

      昔はダートを行くにはランドナーしかなかったんですよね。
      今はもっといろいろ選択肢がありますから、
      みなさんそれぞれの意思で楽しめばいいと思います。
      最近になって、ようやく日本の自転車文化が出発点に立ったように思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です