ハンドメイドバイシクル展 大盛況!

皆様こんばんは

さて、昨日は戦って参りました。
初参加のハンドメイド展で、
ドキドキしながらの参加でしたが、
沢山の友人に駆けつけて頂き、かなり助かりました。
お祭りのような状況で、てんやわんやです。w

一番ビックリしたのは、会場に着いてすぐ、
すぐ左隣のブースが以前お世話になっていた会社だったという事。
主催者の方の粋な計らいに
正直笑いました。(´∀`)

さて、
今回は無理言って3台も展示させて頂き、
うちの出来る事を可能な限り見て頂くことができました。

街乗り車、軽量ロード、小柄な方向けロードです。

どれも、あれやこれや、質問や、アドバイスを頂き、
終始お話させていただきましたが、
一番皆さんが見られていたのは、街乗り車でした。
簡単に言えば、かっこいい、軽快な、ママチャリですが、
フロントにオリジナルのパニアバッグを付けることで、
ぐっと雰囲気が違います。

バックパックを背負わず、
快適に通勤、営業、お出かけでき、
駐輪場からサッソウとバッグを持って歩き出せる、
さらに、見た目も普通のバッグと遜色の無い、
A4までの書類が入るバッグを装着した、
そういった街乗り車。

という、かなりバッグ重視の自転車になりました。

もう一台の、小柄な方用のロード、も
数は少ないものの、
困っている方は確実にいます。
我々がお手伝いできることは、沢山ありそうです。

ロードレーサーしか選択肢がないという状況に、
一般ユーザーもそろそろ気付き出し、
違う方向性を探していると感じました。

とくに、
良い自転車を長く使うということ、
普段使うものこそ、丈夫でほんとに良い物を、
という考え方が広がっています。
そういう要望に対してお手伝い出来るのが、オーダー車の強みです。

やはり生の声を聞けるというのは素晴らしいです。
改めて、ご来場頂いた皆様と、会を運営されている方々に
感謝いたします。
ありがとうございました。

*パニアバッグとは
ツーリング時などに使う、
自転車の前や後ろにつけるバッグで、
キャリアを用いて、左右に振り分けて装着するもの。
もともとは馬などに荷物を持ってもらうために、
鞍に取り付けたカゴやバッグをパニアと呼ぶようです。
詳しくはwikiなどで。

FacebookTwitterGoogle+PinterestShare

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です